ホットスムージー美肌レシピ

従来のグリーンスムージーとは違ったアプローチで代謝UPを狙うホットスムージーでは色々なレシピで楽しむことができます。

おかず的な味つけも楽しめるのが特徴のホットスムージーですが、乾燥が気になるこの季節には、お肌の水分量を保つ働きのあるイノシン酸を含む鰹出汁と、女性ホルモンの分泌を活性化させるボロンを含む昆布を使った出汁をベースに使えば、美肌効果が上がります。鰹節40g・根昆布粉末(普通の昆布約10gでも可)小さじ1・水500~1000ccをタッパーなどに入れて、冷蔵庫で一晩ねかせておくと出汁の出来上がりです。小松菜・ブロッコリー・かぶなどの野菜にこのだし汁を加えてグリーンスムージーを作り、温めるだけで潤い美肌ホットスムージーの出来上がりです。

ニンジン・りんご・みかん・ナツメにしょうがを少し入れたホットスムージーもおすすめです。甘くてさっぱりしたホットスムージーは甘味の少ないジャムを食べているようなデザート感覚で楽しめます。
また、ココアとシナモンパウダーを混ぜ、豆乳を少し加えてペースト状にして沸騰直前まで暖めて好みで黒糖を加えればスパイスココアのホットスムージーです。いくつかの植物性の材料を混ぜるとホットスムージーに分類されるのですね。
ぜひ、ホットスムージーを新習慣にして、寒い冬も元気に過ごしましょう。